■私の異文化交流 <掲示板>

外国の方とのコミュニケーションについて、あなたが体験したいろいろなエピソードや感じたことなどをお聞かせ下さい。
例えば

皆様の貴重な体験や考えをより多くの人と共有できたら、さらにすばらしい交流が生まれると思います。
掲示板中の参考になるご意見やエピソードはこのページ内でも抜粋して皆様に紹介します。
そしてもっと多くの声をいただいてよりいいページにしていきたい、さらにいろんな可能性に進んでいきたいと思っています。
このホームページをご覧になっている日本全国の方々からの投稿をお待ちしています。
(お住まいの地域も書いてもらえると参考になります)
同時にこのページをご覧になったご感想やご意見も募集しています。

管理者が公序良俗に反すると判断する記事や他人を誹謗中傷する記事は予告なく削除することがあります。
また、参考になる記事は抜粋して紹介することがあります。(不可の場合、その旨お書き下さい。)

管理者への直接メールはこちらから


■私の異文化交流 <抜粋編>

掲示板に寄せられたみなさんの貴重なエピソードやご意見を紹介します。

特別編

『箸』の正しい使い方(日本語版)

How to use chopsticks(英語版)

リクエストにお答えしました。
外国の方へ、そして私たちももう一度確認してみましょう。

 INDEX

・お持ち帰り
・忘れ物に注意を
・お箸の使い方
・勝利の縁起担ぎ
・聞き間違い注意
・日本の唄

お持ち帰り(投稿者:Emiko Kunisakiさん<カリフォルニア 日本食レストラン経営>)
私は米国のカリフォルニアで日本食レストランをしています。
アメリカの人達は自分のオーダーしたものは少し残ってももってかえります、寿司等もです。
そこで、日本の夏は特に管理に気をつけるよう、早く食べるように、書いたチラシを一緒に渡してはどうでしょうか。
普段あまり生ものを食べ慣れていない国の人たちにとって、梅雨時期の日本の気候は想像以上に食べ物へのダメージを与えそうですね。
たしかにこれは私たちが気づかってあげなければいけない事だと思います。

忘れ物に注意を(投稿者:<長野 飲食店経営>)
オリンピックの時は外国からのお客様がお見えになりました。
ある程度事前対策をしていたのでメニュー案内は片言の英語と簡単な英語メニューで対処できましたが、いちばん思い出深い「困った事」は外国人の忘れ物です。
一つは航空券でした。これは航空会社に問い合わせ返すことができたのですが、もうひとつはカメラでした。方々近隣のホテル、警察などに連絡を取りましたが持ち主が見つからず、未だに手元で保管しております。
店員はお客様が退席後に確認を怠らないのは基本ですが、特に外国のお客様の場合にはより注意が必要と思います。
忘れ物一つで旅が台無しになることもありますから。

お箸の使い方(投稿者:まんじろうさん)
「お箸の使い方について」
この英語バージョンを掲載していただけないでしょうか?→ついでに日本語も・・・・。
先日、カルロスゴーンさんのルネッサンスを読んだ折、日本に来たばかりのカルロスゴーンさんがお箸を上手に使えずに悪戦していると、塙会長がお箸の使い方のメモをくれた、という主旨の文章がありました。
本当は、その時カルロスゴーンさんがもらった箸の使い方を載せると、話題にはなる・・・・(かな???)。
やはり箸は日本食文化の基本ですものね。
考えてみると自分もちゃんと使えているか疑問です。
ということで、もう一度勉強し直して、「箸」の正しい使い方講座(英・日)作ってみました。
こちらからどうぞ。

『箸』の正しい使い方(日本語版)
How to use chopsticks(英語版)

(ゴーンさんのメモは手に入りませんでした・・・・)

勝利の縁起担ぎ(投稿者:甲子園球児さん<神戸>)
メニューにこんな事書いておくと喜ばれるのでは?
In Japan, we frequently eat food to help win victories.
"Katsu-Don" (a bowl of rice with a few slices of cutlet) or "Ton-Katsu" (a few slices of pork cutlet) are the typical of Japanese ceremonial foods.
This comes from a word play where "Katsu" literary means "victory" and the pronouncing "katsu" is quite similar to "cut" for cutlet.
訳: 「日本では勝利祈願としてカツ丼やトンカツを食べる風習があります。勝つ=カツという語呂合わせがその由来です。」
外国人サポーターがカツ丼食べてたらおもしろいでしょ。
その食べ物の由来や隠された意味などは日本の文化を知ってもらういい切り口ですね。
いっそのこと"Victory Bowl"なんて名前で出したらサポーターは全員それを食べるんじゃないですかね。
みんな必死ですもの・・・

聞き間違い注意(投稿者:ジョージベストさん<横浜市>)
なじみのバーで。
外人客とのヒヤリングでの笑い話があります。
アルバイトスタッフが外人さんにビールをお持ちして唖然としていました。
そう彼は「ビルプリーズ(Bill please)」と「ビアプリーズ」を聞き間違えたのです。
幸いトラブルにはならずにお客も笑ってそのビールを飲んでいましたが・・・。
よく勘定支払いの時に使う(Check please)をイギリス文化圏では(Bill please)と言うそうです。

日本の唄(投稿者:天然駱駝さん)
モロッコに旅行したときのこと
ワルザザードという街からサハラ砂漠の入り口まで1泊で行きました。
ガイド兼ドライバーの青年と助手の少年と私たち夫婦の4人四駆に乗っていざサハラ!
砂漠の小さなオアシスにはベテランのガイドおじさんが一人、電気・水道・電話も何にもないところで小さなテントで暮らしていました。
砂漠は本当にどこまでも続いているとてつもないものでした。夜になると5人でたき火を囲みじっと火を見たりお互いの国の話をしたり良い雰囲気でした。
小さなジャンベ風の太鼓を持ち出してきて3人で複雑なリズムのモロッコの民謡を歌ってくれました。太鼓1つで一緒に踊ったり雰囲気のある良い歌が何曲も続きました。こちらも何か日本を代表するようなものをやらねばと思いましたが、芸が足らず寂しくも月の砂漠を歌いました。
なんか太鼓たたいて盛り上がりたかったよー。今度こんな時があったら日本を代表する曲、何を歌えば良いでしょうか?
太鼓を叩いて歌うといえば、炭坑節や東京音頭など・・・そう、盆踊りSONGがあるじゃないですか!
これらは日本の代表曲と言ってもよいのではないでしょうか?明るいしノリがよいので意外に盛り上がるのでは?
実際外国で日本の歌というと、その「月の砂漠」やあと「荒城の月」、スポーツの国際大会等でかかる「君が代」など少し暗めの曲がよく知られているそうですが、でもその荘厳なイメージがかっこよく聞こえるらしいです。